FC2ブログ

上州ねどふみの湯

onnsenn.gif

昨年の今ごろは、茨城リベンジ温泉へ行って見事返り討ちにあったわけですが…今年はそれはないぞ。

今回の温泉は群馬県六合村は湯の平温泉松泉閣。
のんびりゆったりの道のりでした。

六合村…くにむらと読みます。ちょっとさきは草津温泉、そして長野県。
“六“つの大字を“合“わせて六合村。今は中之条町です。

湯の平温泉はその中のひとつ入山地区にあります。
ここも秘湯一軒宿。

白砂川沿いにあるこのあたりの温泉は、どこも歴史が古いものだそうですが、もともとは人が入るのではなく、むしろを織ったり草履を編むため、この土地にはえるスゲやカヤなどを温泉に浸して、足でふんで柔らかくしていたのだそうです。これがーねどふみー。

草津の強いお湯に対しての「上がり湯」といった役割もはたしていたようです。地区の一つ小雨は、草津独特の冬住みといわれる生活様式の場でもあったとか。

お宿までの道のりが特徴的です。
よくTVでもとりあげられているようで、フロントにはいろ~んな人の色紙がこれでもか!というくらい飾られておりました。

その特徴とは~
駐車場からお宿のあるところまで歩くこと、15分!
…はオーバーだと思いますが、案内によってはほんとにそう書いてあります。

yunotaira2.jpg

まあ、階段になっているとはいえ山道をおりて、のぼって、吊り橋付きですから、気分的にはそれくらあるかも知れません。
荷物専用のリフトがあったりします。(残念ながら人はのれません)

お宿に着いてからも、露天風呂までの道のりが長い長い!
露天は川べりにあり、お宿の建物は上にありますから、当然おりてのぼってとなります。
男湯露天は途中の階段から丸見え!なんともおおらかです。
もっともあとから気づいたのですが、建物までの道からは女湯の方も丸見えでしたがネ…

お湯は源泉が75℃と高温です。温度をさげているとはいえ、やはりお湯は熱い!
ちょっとした我慢大会です。

yunotaira4.jpg
内湯

yunotaira5.jpg
川べりの露天風呂 奥に源泉

yunotaira6.jpg

六合村に行く途中には、川原湯温泉をとおりました。
八ツ場ダムの建設により、このあたりは水没する運命。
それを象徴するかのように遥か頭上に、今はまだ建設途中の長い長い足をかまえた真新しい道路が、そびえ立っています。
その不自然なバランスが、政治に翻弄された土地をものがたっているようにも感じてしまいました。

温泉は、高台の新しい土地に移動して再スタートを切るとのことですが、
…この景色がなくなってしまうのだなあ…。
一介の旅人は身勝手なことを考えますが、複雑です。






ささやかな抵抗
小さな自己主張
nekogozira.gif

スポンサーサイト



Comment

六合村には、草津帰りに道の駅に寄りました。
ここは知りませんでした。
あつそうですが、とても気持ちよさそうですね^^

八ツ場ダムは再開になりましたね。
私が行った時も開発がとまっているときで、
民家もぽつぽつ残っていて。

とても悲しげな風景に見えましたね。

Re: タイトルなし

kayanori さん、コメントありがとうございます!

道の駅のすぐそばです。お宿は川向こうですが。
私も道の駅で花いんげん(花まめ)の缶詰を買いました。

政治に翻弄される…ここだけではないですね。
そこに生活している人たちが本当にのぞんでいることを、形にしていくことが自治体、政治家の義務だと思のですが…

引き返す勇気も時には必要なんだということ、改めて考えてほしいですよね。
非公開コメント

フリーエリア
8syu_a_side_M3.jpg
メールフォーム
フラワーエッセンスのコンサルテーション、アドバイスのお問合せはこちらから~どうぞお気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

こんなヤツです

だんまりウサギ

Author:だんまりウサギ
猫はいまいち、歩くのなんて大嫌い…だったはずなのに?今では猫にどっぷりはまり、山歩きでは亀足社中のどんじりを常にキープ。人生何が起こるかわからニャイ!

カテゴリ
最新記事
webからできる署名
クリック募金
1CABannerw150xh45_02Cat.gif

smileCLOVER

クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金
わたしたちにもできること
ブックマーク
日本愛猫党
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR