スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰去来

帰りなんいざ…

約20年の時間を経て
実家へ戻るべく、家のプチ修繕を開始。
ずいぶんと、ほったらかしにしていたので、少し手を加えないと暮らせない。

床下やら、天井裏やら、思いもかけないものが出てきて…

自分が離れていた間の、この家の、
歴史という、時間の流れをかいま見たような気分になっている。

本音をいえば
私は
この、家が、嫌いだった。

だから、父が亡くなり、母がこの家を出ることになっても、
戻ろうという思いには、
どうしても、なれなかった。

理由は、
並び立てればいろいろでてくるのだが…
そんなことは、屁理屈にもなりゃしない。



それが、突然戻ろうという気になったのは、
物理的な理由が一番だけど…
(職場が異動になり、今住んでいるところよりも実家の方が近い。)
なによりも、ーコレカラー のことを考えたからだ。

自分のこれから… 社会のこれから…
それはいろんな意味で、垣根をとっぱらっていくということ。

男だとか女だとか、親だとか子だとか、上だとか下だとか
家族だとか他人だとか、夫婦だとかそうじゃないとか
自分とか相手とか… 宇宙人とか…!

まずは、スタートラインに。
そして、この助走は長くなるかもしれないが、より高く飛ぶためのものと、思っている。



katakura.jpg


そうそう、
間接的にも直接的にも、いろいろ巻き込んでいるi氏には、ただただ感謝。
あなたが上司で、そして同志で、よかったよ。






スポンサーサイト

祈り

monolog3.jpg






あなたが 怒りノ炎を消せますよに

 あなたが 悲しミを手放せますように

  あなたが 暗闇から立ちアがれますように   

    あなたが 苦しみカラ離れられますように


あなたが あなたジシンノしあわせ に辿り着けますように





やえやえ八重山 はてるまテルマ

山へ行ってきました!

…といっても八重山諸島。

沖縄がこんなに寒いとは思わなかった。
よもや、ホッカイロを使うはめになるとは思いもよらず…

旧暦正月から春分までの満月の前後にくまれたこのツアー
石垣島経由で、黒島、波照間島、西表島、最後に竹富島と、盛りだくさんの巡業となった。
そのわりには疲れ知らず。
これもガイアサポート?のおかげさま…?

沖縄は昔海ヤだったころ、慶良間諸島の座間味島へ何度か通ったことがあった。
ここの海は世界屈指の美しさを誇る。

ゆるりゆるりの時間の流れに、日常はすっかりブッ飛んだ。

yaeyama1.jpg
黒島は奇しくも年に一度の黒牛まつりの当日。
牛(しかも夢の妊娠牛!)がまるまる一頭あたってしまう大抽選会付き。
人口約200人に対し、牛が約3000頭飼育されている「牛の島」に3500人が集まり、過去最多だったとか。

そんなメイン会場をよそに、こちらは御嶽めぐり。
途中、地元のおじさんに呼び止められ、貝細工をみせていただいたり、おじさんの運転する軽トラの荷台にのって、浜へ連れて行ってもらったり、旅先ならではの地元ぃの歓待に感謝。
yaeyama2.jpg

肉食に対し、ちょっぴり抵抗を感じている自分だけれど、
広い広い牧草地で、ゆったりと育てられている牛達はのんびりと草を食んでいるのでした。
yaeyama8.jpg

そして、この日のお泊まり波照間島へ。
波照間行くの!?
…あるいは、
波照間行ってきたの!?
…となぜか驚かれた。
その理由は…

船酔いしている間などないほどの波!
へたなアトラクションより、よほどスリルがある。
波照間島へ渡るには、気象条件があわないと結構難しいのだそう。

yaeyama10.jpg   taeyama11.jpg

波照間でのメインは、宇宙を観る。
夜は星空観測タワーへ。
残念ながら雲が多い。でも、雲が流れる合間をぬって、お月さまが顔をのぞかせてくれた。
天体望遠鏡で月のクレータを確認したり…。

そして、説明員のお兄さんが、教えてくれた。
星をみるにはサイアクだ!…と。

…確かに…
雲のせいばかりではない。
満月を明日に控えた月明かりは、驚くほど明るい。
なので、この時期は都会でみられる夜空の状態とほとんどかわりがないのだそう…

宇宙のことをはなしてくれた。
星の数のことだったり、光の届く距離や時間だったり、とてつもない数字が並んでいく。
でも、お兄さんが言いたかったこと…
それはきっとこの日の状態と同じことなのではないかナ。

見えていなくても、存在しているんだというコト。
聞こえていなくても、届いているんだというコト。

yaeyama7.jpg

それは、次の西表島でも感じるコトとなる。
西表島は沖縄本島につぐ2番目に大きな島だけど、そのほとんどを亜熱帯の自然に囲まれている。
マングローブ。

yaeyama4.jpg   yaeyama5.jpg   yaeyama9.jpg

日照の悪い、土がすぐ流出してしまう土壌で、倒れないように自分を支える根っこを大きく発達させる。
葉っぱが一枚だけ黄色くなるのは、その一枚に塩分をあつめて葉をおとすことで、海水の影響が全体にまわるのを、極力少なくなるようにしているのだそうだ。
一見、淀んでいるようにみえる深緑色の水は、決して汚れている訳ではなく、栄養豊富な豊穣の川の証。

八重山はかつて、過酷な税制に苦しめられたり、マラリヤや大津波で島が壊滅したり、多くのいのちが失われたという。
この時期、ウチナンは祖先を偲んで過ごす旧暦1月16日の十六夜祭を迎えた。

明るい明るい、ゆったり時のながれるこの地で
この土地の歩んできた道程を、やはり忘れてはいけないのだと、強く憶った。

チベット仏教では、聖典のことを「テルマ」という。
チベット高原の各地に埋められ、発見された埋蔵教典…
その代表的なものが「チベット死者の書」


yaeyama12.jpg



sabubonn.gif写真はクリックするとちょっとだけ大きくなりま~す
ねこさんこちらありがとうございます!




img432b19088vqhy7.gif

亀足社中お山歩日記ー山梨・桃太郎の百蔵山編

しばらく活動休止の亀足社中でしたが、隊長の本格復帰を目指しての山行再開です。
半年以上ご無沙汰していた空白を埋めるべく、向こう数ヶ月は月1ならぬ月2の勢いでスケジュールがくまれております。まあまぁ〜そう焦らずに!

…ということで、今回のお山は山梨県大月の百蔵山(ももくらやま)。

百蔵山の桃太郎が、犬(犬目)、猿(猿橋)、鳥(鳥沢)を連れて鬼(九鬼山)退治にでかけたという、地名にちなんだ伝説の残る山です。
縄文時代から人が住んでいたとか…。山頂にも記念碑のようなものが建てられていました。

さて今回は、以前一緒に仕事をしていて、現在は、グラフィックデザイナー&アートディレクターで活躍中のT氏とその愛息であるU君を迎えて、まるで桃太郎ご一行様のような編制隊となりました。
桃太郎はいわずもがなですが、あとの割り振りは…。

中央線の猿橋で下車し、登山道をめざします。
登山口までは、例のごとく車道歩き。
やっとの思いで登山口までくると、上の方から人の声が…?。
あら、もう降りてきたのかしらん〜と思っていたら…銃をたずさえた猟友会さんたちでした。
話ではイノシシやらシカやらをおっているようでしたが、「熊もいるからね!」といわれ、ちょっと焦りました。
このあたりの熊さんは冬眠しないんですかね。

途中、コゲラが幹や枝をつつく音を聞きながら、登っていきました。
しばらくいくと、裾野をひいた富士山がきれいにみえる場所にでました。
momokura5.jpg
今日は天気も上々、ぽかぽかです。足元は落ち葉の絨毯。

山頂の手前は結構な急登です。
momokura1.jpg
しかし、桃太郎殿もしっかりがんばって歩きましたよ。

山頂は南面がひろがっていて、目の前に周辺の山々と、富士山がよくみえます。
momokura3.jpg   momokura6.jpg

今日は節分。
桃太郎ご一行とは、ドンピシャのメンバーじゃあ〜りませんか!
しっかり山頂で富士山にむかって豆まきしましたよ。
momokura2.jpg

隊長復帰第一弾の山行は、ほかほかの陽だまりハイクとなりました。
momokura4.jpg



sabubonn.gif写真はクリックすると、ちょっとだけ大きくなります
ねこさんこちらありがとうございます!




img432b19088vqhy7.gif

慟哭

その時、私は泣いた。
頭で理解する以前に、
心が破裂するよりも前に、

たぶん、自分の意思とは無関係のところで、
涙が嗚咽となってあふれでた。

それが、十数の星霜を重ねただけで自分の人生を選びとった、彼の心の深淵にたたされ、その闇の深さに躊躇し、果てのない絶望に屈したものなのか…

それとも、彼をおくりださねばならなかった側の悲しみと、懺悔と、癒えることのないであろう、無数の傷に同調したのか…
それはわからない…

ただ、彼が、たしかにまだ本質のままに生きていた頃つないだ、ちいさなちいさな手のぬくもりが
私の命と重なっていることを感じずにはいられない。

たった一度のことだったけれど、
その感覚は、メビウスの環のように、永遠に続いていくのだろう。

そのことを彼は知る由もない。


フリーエリア
8syu_a_side_M3.jpg
メールフォーム
フラワーエッセンスのコンサルテーション、アドバイスのお問合せはこちらから~どうぞお気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

こんなヤツです

だんまりウサギ

Author:だんまりウサギ
猫はいまいち、歩くのなんて大嫌い…だったはずなのに?今では猫にどっぷりはまり、山歩きでは亀足社中のどんじりを常にキープ。人生何が起こるかわからニャイ!

カテゴリ
最新記事
webからできる署名
クリック募金
1CABannerw150xh45_02Cat.gif

smileCLOVER

クリックで救える命がある。

イーココロ!クリック募金
わたしたちにもできること
ブックマーク
日本愛猫党
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。